とっさの片頭痛対処法|ズキッと痛む謎の解明

緩和させる有効な方法

困る男性

直接の原因は血管拡張

慢性的に頭痛を感じている場合には、片頭痛である可能性があります。頭部の片側だけではなく、頭部両側や後頭部にも痛みを感じるのが片頭痛です。また、吐き気を伴うほか、光や匂いに非常に敏感になる特徴もあります。一旦痛みを感じ始めると、1〜2時間は体を動かすことが困難になるほどの痛みを感じます。また、痛み自体は4〜72時間も続くため、大きな負担となってしまいます。何が片頭痛を引き起こしているのかを理解することで、痛みを緩和させることが可能です。片頭痛を引き起こしている直接の原因は、頭部の血管の急激な拡張です。急激に血管が拡張することにより炎症が起き、頭痛の原因となってしまいます。血管が急激に拡張する原因は、神経伝達物質であるセロトニンが原因です。セロトニンが過剰に分泌されると、血管は収縮してしまいます。セロトニンが分解され始めると、血管が収縮状態から元に戻ろうとします。これが急激に血管が拡張してしまう原因です。そのため、片頭痛を改善するためには、セロトニンの過剰分泌を抑えることが重要です。

生活習慣を見直そう

セロトニンの過剰分泌は、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れにより引き起こされます。そのため、生活習慣をまずは見直すようにしましょう。十分な睡眠時間を取ること、栄養バランスの取れた食事をすること、適度な運動を欠かさないことに気を付けることで、質の高い生活習慣にすることができます。特に女性は生活習慣に気を付けることが重要です。女性ホルモンバランスの乱れがセロトニンの分泌を促してしまうため、男性より女性の方が片頭痛となる可能性が高い傾向にあります。更年期の女性は女性ホルモンが急激に減少するため、規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。痛み感じた場合には、頭部を冷やすことが有効です。頭部を冷やすことにより、血管の拡張を抑制することができます。逆に頭部を温めることは止めるようにしましょう。血管の拡張を促進してしまうため、より痛みを感じるようになります。適度なカフェインは、血管を収縮させる効果があります。コーヒーや紅茶、緑茶などを飲むことで、痛みを緩和させることができます。