とっさの片頭痛対処法|ズキッと痛む謎の解明

病院で処方してもらおう

スーツの男性

市販の頭痛薬は止めよう

市販の頭痛薬を飲んでいるにも関わらず、片頭痛が緩和しないと感じている方はいないでしょうか。片頭痛で悩んでいる場合には、市販の頭痛薬の服用は止めましょう。市販の頭痛薬では片頭痛を緩和させることはできないばかりか、薬物乱用頭痛を引き起こす原因となりかねません。病院で薬を処方してもらうことにより、片頭痛を緩和させる薬を服用できます。なぜ市販の頭痛薬では片頭痛を緩和できないのかと言うと、市販の頭痛薬には血管拡張抑制作用がないためです。片頭痛を引き起こしているのは、急激に拡張する血管にあります。神経伝達物質であるセロトニンにより収縮した血管が、元に戻る過程で急激に拡張します。その過程で炎症が起こり、片頭痛を引き起こしているのです。そのため、片頭痛を緩和させるためには、血管拡張抑制作用成分を服用する必要があります。市販の頭痛薬には鎮痛剤は配合されていますが、血管拡張抑制作用成分は配合されていません。軽度の痛みであれば鎮痛剤で緩和しますが、根本的に改善することはできません。

吐き気も抑制できる

病院で診察を受けることにより、血管拡張抑制作用のある薬を処方してもらえます。血管拡張抑制作用のある薬には主に5種類あり、最も適した薬が処方されます。これらの薬には三叉神経にも作用するため、光や匂いに敏感になった神経を落ち着かせる効果もあります。また、吐き気を抑制できるのも、病院で処方される薬のメリットです。その他、鎮痛効果のある薬も処方してもらえるため、すぐに痛みを抑えたい方にも非常に有効です。病院で薬が処方される際には、飲むタイミングに関する指示が出ます。薬は常に服用する必要はなく、痛みが出始めた初期段階で飲む必要があります。痛みがひどくなった時には既に血管が拡張してしまっているため、飲むタイミングは非常に重要です。医師の指示を守り薬を服用することで、薬の効果を最大限引き出すことができます。コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインも、血管拡張抑制作用があります。薬と同じタイミングでカフェインを摂取してもいいのか、医師に必ず質問するようにしましょう。