とっさの片頭痛対処法|ズキッと痛む謎の解明

緩和させる有効な方法

困る男性

片頭痛の原因は、頭部の血管が拡張することにあります。セロトニンにより収縮した血管が、元に戻ろうと拡張することで片頭痛が引き起こされるのです。規則正しい生活習慣は、セロトニンの過剰分泌を抑制するために最も効果的です。また、痛みを感じた場合には、頭部を冷やしカフェインを摂るようにしましょう。

More Detail

頭の片側のみが痛む頭痛

女の人

片頭痛は頭の片側のみに発生し、ズキズキと脈打つように痛みます。発作が起きた時は患部を冷やし暗く静かな場所で休みましょう。また対策として頭痛日記を付け自分の頭痛を把握し、症状や発作が起こった状況をしっかり医師に伝えることが大切です。

More Detail

軽減させる方法

悩む女性

自宅でもできること

片頭痛が起こると、場合によっては立っていられなくなることもあります。そのため、とっさの時の対処法として、自宅でもできる簡単な方法を覚えておくことをおすすめします。まず、片頭痛を感じたのなら、とにかく冷やしてみるというのが有効で、氷のうなどを作って患部に当ててやりましょう。血管が収縮するため、片頭痛が治まることがあるのですが、同様の効果はコーヒーを飲むことでも得られます。これは含まれるカフェインによって、血管が広がるのを抑えてくれるのです。強い光を浴びたり、大きな音を聞くことで片頭痛が誘発されてしまうこともあれば、症状が酷くなることがあるため、静かで薄暗い部屋へ移動して、安静にしておくと良いです。その他にも、できるだけストレスを溜めないように気分転換の方法を考えておいたり、朝日を浴び、適度な運動をすることで、夜はよく眠れるようになり、睡眠の質が良くなれば、片頭痛が起こる回数を減らすことが期待できたりもするので、実践してみることをおすすめします。

探し方と治療を受ける準備

何をやっても改善しないというのなら、我慢せず病院に行って診察を受け、ズキッと痛む謎の解明をするべきでしょう。とは言っても、初めての場合だと、どの先生に診てもらうべきなのか迷うところです。そんな時は、片頭痛外来などと呼ばれているところがあるので、なるべく早く相談してみると良いです。もしも近所にそのような病院が見当たらないというのであれば、インターネットで検索しておき、無理なく通院できる範囲で探しておきましょう。そして、どの病院に行ったとしても、大体同じような質問を受けることになります。例えばいつから痛むのか、どのように痛いのか、どのあたりに痛みを感じるのかという具合です。病院を探す時もそうなのですが、片頭痛が起きてからでは、これらの作業をするのがとても大変ですから、スムーズに行なえないことも珍しくはありません。そこで日ごろからもしもの時に行く病院を見つけておいたり、自分の症状はどのようなものなのかをメモしておき、それを持ち歩いて、いつでも見せられるようにしておくと便利です。

ストレスと疲労で発症

2人の女性

片頭痛は強い痛みを感じるほか、吐き気を催す場合もあります。根本的な原因は脳がストレスや疲労を感じることにあるため、良質で最適な睡眠を取ることが重要です。また、頭痛ダイアリーを使用し、自分の片頭痛のパターンを知るようにしましょう。

More Detail

病院で処方してもらおう

スーツの男性

片頭痛で悩んでいる方は、病院で薬を処方してもらうようにしましょう。市販の頭痛薬には、血管拡張抑制作用のある成分は配合されていません。配合されている鎮痛剤で痛みを軽減できますが、根本的な改善は期待できません。病院で処方される薬を服用することで、痛みだけではなく吐き気も抑制することができます。

More Detail

適切な対処

カウンセリング

片頭痛を長年付き合っていると前兆がわかってきます。痛みが酷くなる前に冷やす等の適切な対処をすれば痛みを軽減することができます。似た症状に緊張型頭痛がありますが、冷やすと逆効果になるので、違いをしっかり知った上で適切な対処をしてください。

More Detail